ブログで扱うアレンジ手法について

CATEGORY: 雑記  1/30

愛知県 ごんぎつねの湯

愛知県の「ごんぎつねの湯」に
行ってきた。

ごんぎつねの湯という名前は
この地(半田市)の出身である
新美南吉の童話「ごんぎつね」に
ちなんで付けられているようだ。

ここでは一部
源泉かけ流しが味わえる。(^^)


今の状況からすると
消毒なしの源泉かけ流しが
いい温泉なのか?

というのはあるものの
やはり温泉ファンからすれば
源泉かけ流しは心躍るもの。


注意点として
ロッカーが4畳分ほどで
かなり狭いこと。

それから洗い場の数が10あるが
間隔をあけずに利用しているため
混むときは密必至。

平日利用がお勧めかも。(^^;)


さて、露天の湯は
寝湯に打たせ湯
腰掛け湯、洞窟風呂がある。

gongitsunenoyu_roten.png
※写真は公式からお借りしています。m(_ _)m


未加水、加温、循環、塩素消毒あり。
だが塩素消毒の臭いは
まったく気にならない。

泉質は強塩化物泉で
やや黄身がかった色。

泉温は全体に39~40℃くらい。
今の時期はちょっと熱いかな。


そしてごんぎつねの湯のメインは
源泉かけ流しの滝つぼ湯。

露天風呂の一番奥にある。

ここだけ湯の色が
やや赤褐色となって
ちょっと雰囲気が違う。

gongitsunenoyu_takitsubo.jpg


めちゃくちゃ熱い。

44℃ほどか。
全身にピリピリした痛みが走る。



結局とらが
長く落ち着いたのは
こしかけ湯。

顔にお湯をパシャっとかけると
どうせんでも唇から
強い塩味を感じてしまう。

しょっぱさは、海水なみ。


PH値が高いのか
ややヌメリありで
トロ~ンとして
とても気持ちよかった。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

下呂温泉 鷺の足湯

下呂温泉に散歩をした時に
鷺の足湯に入ってきた。


その昔、1羽の白鷺が舞い降り
温泉の場所を村人に知らせたという
伝説があるようです。


saginoyu202006.jpg


長野県にも鹿が温泉の場所を
教えてくれたという
鹿教湯(かけゆ)温泉があるが
それと似ている。


早速入ってみると
これがまためちゃくちゃ熱い。

体感温度45度。

saginoyu2020061.jpg

正直入ってられない。(^^;)

が、足を動かさなければ
何とか入れた。(笑)



でも、慣れると心地よく
なんだかんだ言って
10分ほど浸かった。(^^)

密を避けるためなのか
熱すぎるのか
誰も足湯にいなかったため
ゆっくり浸かることができた。(^^)


温泉に浸かるのであれば
とら的には噴泉池一択だが
足湯巡りの楽しみ方は
抜け道がたくさんあるのを
探しながらすると楽しい。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

長野県 不易の滝

二本木の湯に出かけるついでに
リフレッシュを兼ねて
ふらっと滝を見に寄り道した。

目的は
不易(ふえき)の滝 です。


この一帯は油木美林(あぶらぎびりん)と言って
御嶽山の4合目付近にあたる森林になる。

ハイキングコースとしても利用できるが
正直、不易の滝に上るだけで
息が切れてしまった。(笑)


写真写りがよくなる
12時手前に到着。

駐車場の看板
fueki01.jpg
不易の滝まで500メートルとあるので
高をくくっていたが
結構急な階段を
上らなければならなかった。。

この時期は
相当な虫が飛散していたので
蚊よけは必須。(^^;)


最初に見えたのは、こもれびの滝
fueki02_.jpg



fueki03_.jpg

青い(^^)
fueki04_.jpg

めっちゃ青くないですか。
どうしてこんなに青いんだろう。(^^)


飛び込みたい気もするけど
たぶん冷たすぎて死ぬ。(*_*)


さらに森林の中を突き進むと
fueki05_.jpg

やっと看板が出てきた
fueki06.jpg

もう息は切れていたんですが。。


眼の前に広がった白糸の滝
fueki07.jpg

コーヒーを淹れる湯よりも細い。

それは細い滝でした。

そこから崖を滴り落ちる水。

ここだけちょっと異世界だった。



もりっと膨れ上がる青々とした苔
fueki08.jpg


こういう静かな滝は
初めてでしたが
時間が0.5倍速で進むかのような
不思議な感覚にとらわれた。


近くに来たときは
また寄ってみたい。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

愛知県 王滝渓谷 奥殿陣屋

愛知県の王滝渓谷に行ってきました。

森林浴ですよ。気分転換に。(^^)
まだ閉鎖している施設が多いし。



ここは仁王川に沿った遊報道。

そのため、ところどころ
小さな掛け橋がある。


20分ほど歩くと
赤い橋(中之瀬大橋)が目に留まった。
202001otaki.jpg

微妙に揺れます。(^^)


まぁまぁよくある光景です。
202002otaki.jpg


休憩スポットがちらほらと。
お昼ご飯を食べている人も。(^^)
202003otaki.jpg


道がかなり湿地っぽっく
コケもうっすら生えていたので
帰りの下り坂がちょっと怖い。

でも目的の森林浴ができて
気分リフレッシュ。(^^)V



その後、少し足を延ばし
岡崎市の奥殿陣屋に行ってみた。

きれいな花が何本も植えられた
和風庭園のようです。

ただし、とらはもう
花より団子だった。


金鳳亭で軽食です。(^^)
202004otaki.jpg
コロナの影響か、貸し切り状態。
ラッキーでした。


上からの眺めはいい。
202005otaki.jpg


冷やしぜんざい
202006otaki.jpg



くずもち
202007otaki.jpg
梅甘露の甘酸っぱさが絶妙。

滅茶苦茶うまかったです。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

映画 きっと、うまくいく

Amazonのレビューも1000件越え
「きっと、うまくいく」
というインド映画のDVDを
レンタルした。



工科大学を首席で卒業した
頭脳明晰な主人公と
ちょっとマヌケな友人2人。

そんな親友3人の青春を回想する。


コメディ映画ということだけで
借りてみたのだが
再生してみると
3時間もあり面食らった。

ところがこれが
まぁー面白かった。(^^)

観ているとグイグイと
ストーリーに引き込まれ
あっという間に見終えてしまった。



親の教育指針と学校の教育システム
インドのカースト制度を
面白おかしく社会風刺。

学長を敵に回してでも
友情と愛情を大事にした
社会派コメディ。



一番感動したのは
(ネタバレになっちゃいますが)
学生全員の大敵だった
学長の孫が生まれるシーン。

もう絶体絶命の
大雨、大嵐、床浸水、停電の中
工科大学の学生ならではの
手腕で小さな生命を救った。



親の言いなりになるな。
大学に媚を売るな。
好きな事に没頭せよ。

いい映画です。
家族でどうぞ。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0
Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.