1. エントリー後、どこまで伸びるのか。

    もう何度か言っていると思うのですがいちおう復習も兼ねて・・・エントリーした後そのポジションがどこまで伸びるのか。伸びしろはあるのか。ということ。そんなことははっきり言ってわからんし、むしろ損切りより難しいよ。もっと伸ばしたい~という欲が働きますからね。最高値で利益確定は至難の業。だけど、ここらあたりが最高値になるかもしれない。そして最高値になるかもしれないポイントから、反転してきた。こういうところ...

  2. 大まかな「流れ」を見るなら、何を見るのか?

    結論から言えば上位時間軸の移動平均線がどっちに傾斜しているか?そんくらいで十分通用します。よく上位足の流れに沿ってエントリーしましょう!とはよく言ったもので単純に勝率が上がりますし安全なわけですよね。ただその上位足の流れって、結局何を見るの?ダウ理論?とか環境認識?ってやつ?もちろんそうなのですが正直そんな事やっても難しくないですか?^^;いや、それで面白いように勝てる人は是非それを続けるべきです。...

  3. 戻り売りから押し目買いまでのレンジ

    直近の動きを見ると「戻り売りやぁ~」と思っても・・・1. 少し下に押し目買い (と思われる)ラインがある2. 押し目買いライン到達後 安値・高値を切り上げる動き (上昇トレンド)が確認できた。じゃ、結局どうするの?押し目買いの動きが確認できたから買いでいくの?それともスルーしてあくまで戻り売りのタイミングを待つの?これがいわゆるレンジ相場だったりします。なので、スキャルピングで言えば買いも狙えるし、売り...

  4. 短期足のレンジ相場戦略

    短期足のレンジ相場戦略

    レンジ相場というと普通ローソク足が上下に平行な状況を想像すると思うんですが「上昇トレンドっぽいレンジ」というのがあります。トレンドラインが引けるような相場です。とらが普段使う手法とはちょっと違いますがこういうラインを使うのもアリです。短期トレードから長期トレードまで使えます。ただメインの時間軸にもよりますがある程度のチャート監視が必要です。トレンドラインのデメリットでもある時間とともにラインの上限...

  5. 「トレンドに付いていく」ための2つのポイント

    「トレンドに付いていく」っていうのはどういうことか。例えば売っていく時。当たり前だけど「下降トレンド」をまず見つけること。逆に言えば今買うのは控えるべきときを明確にすること。なにがどうなったら下降トレンドと定義するか。そして売るとき。当然だけど利益を得るにはエントリーしてからグッと下げて貰う必要があります。だから一旦は上げてもらわないとエントリーできませんね。だけどそこばっかに集中していると「アレ...