ブログで扱うアレンジ手法について

CATEGORY: トレンド判断  1/11

買いと売りを分けるスイングの売買判断

スイングにおける
売買のご質問を頂きましたので
共有させていただきます。m(_ _)m

**************************************
とらの介さま
質問よろしくお願いします。

先週は、ポン円4時間でボロを出してしまいました。ポン円が再度上げてきたところで、そろそろ下がるだろう・・・という憶測の中バチンと150.20辺りからショートで入って損切りしました。

私は、今くらいのボラがあるとつい調子に乗って逆張りで入ってしまう癖があるのかなと。
とらの介さんはそこでショートという考えはなかったでしょうか。
**************************************


20210328gj.png


26日の午前中から欧州にかけて
赤い波を想定していたことかと思います。

4時間足だけ見るともちろん
そこから再度一段下げることも
考えられたと思います。m(_ _)m


ただ、スイングトレードの前提で
お話させていただきますと
そもそも今は大きな目線が
買いゾーンにあります。


これは「とらのスイング」にある
目線の判断でも判別できますが(^^)
ダウで見るなら147.30-40付近が
買いと売りの節目になります。


なので直近で上げてきたところで
どこで買うかという
選択肢があっても良かったかな
と思います。


仮に売っていくとすれば
さらに短期足15分~30分足の
下降トレンドを形成する動き
の確認も必要です。

(スキャルならまた話は別ですが・・・。)

これは最低限。
もちろん大きな上昇に対して
それを確認するまでは
それなりに時間はかかります。^^;



PS
それも踏まえて
150.25-90付近は
買いで攻めていきたく

きれいに行けば青いラインで描くようなトレンド
ひと悶着あるなら黄色ラインのようなトレンド

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

短期の押し目買いポイント スイングトレードで意識する節目(2)

前回は基本にして最強のラインは
レジサポ転換しているラインですよ
というお話をしました。

レジサポ転換しているラインというのは
次回も強く意識されやすい。


じゃー次も押し目になるかどうか
そういったポイントをどう見ていくのか


というのを今日はお話したいと思います。


※とらのアレンジ手法の
話ではありません。m(_ _)m


ポンド円の4時間足の
ちょうどオレンジで囲ったポイントです。
20210227rsl (2)

こういうところを短期足では
どのような動きとなっているか
を見ていきます。



下の図は15分足ですが
それまで下降トレンドとなっていたのが
オレンジ帯でサポートされて
黄色の○で下降トレンドが
一旦終了したことが伺えます。

20210227rsl (3)

これを5分足にすると…
20210227rsl (4)

更に細かい動きがありますが
各々時間軸には
その時間軸の動きがあります。

今回の例で言えば
4時間足が押し目買いポイントだから
15分足で上昇トレンドの
確認が取れれば良いんでしょ?

ってわけではなく

一度15分足の下降トレンドを崩す動きを
確認しましょう
というわけです。


もう少し抽象度を上げていうなら
長期足で期待する動きにおいて
短期足では短期足の動きがあるので
それを別に捉えることが大事です。


そしてまた
短期足でもレジサポのような
強力なサポートによって
上昇していく動きに繋がります。


ここがしっかりしてくると
短期足で下手に損切りしなくなったりと
短期足に振り回されるようなことも
減っていきます。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

基本にして最強のライン スイングトレードで意識する節目(1)

スイングトレードしている人で
ラインを引いている人は多いと思いますが
チャートの中に何本も引いて

「結局どこにライン引けばいいの~???」

「どこのラインが一番効くの??」

「もうどこにライン引いたらいいかわかんない!」


って悩んでいたら
お役に立てるかもしれません。


基本にして最強のラインといえば・・・

結論から言えば
「レジサポ転換」ラインです。


ハイハイハイって
声が聞こえてきそうですが。^^;


ラインと言うと
引く人によって度合いが違うのが
デメリットですが
単純かつ強力なのもあるので
それを今日はお話したいと思います。


例えば、上昇相場の際
頭打ちとなったポイント(レジスタンス)を
上に突き抜けたあと
今度はそこが支え(サポート)になって
再度上昇したポイントです。


直近のポンド円の4時間足で見てみると
赤と青の四角で囲まれたポイントがそうです。
20210227rsl (1)

赤の四角がレジスタンス
青の四角がサポート

レジスンスで頭打ちに
なっていたポイントが
その後上に突き抜けて
今度はサポートになって上昇していった
わけですよね。


で、そのレジスタンスだったところが
サポートに切り替わったところで
引けるラインというのは
基本であり、もっとも意識されやすい
ので
今日はそれだけ覚えていってもらえると
嬉しいです。

ライン引くなら
「レジサポ転換」

20210227rsl (2)

じゃー、そのオレンジの
四角で囲ったポイントで
バチンと買っていけばいいんだね?

ってところですよね。

小ロットで打診買い(試し買い)もアリ
ですが、、、
そこを短期足でどう見ていくか
どう言う動きになれば
買いを考えるのか。

これをまた次回にお伝えします。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

環境認識で見るのはここだけ。

どうも。とらの介です。(^^)


環境認識、環境認識って
気になる方も少なくないので
さらっとおさらい。


長期・レジサポの確認、レジサポ転換の確認
中期・安値切り上げ、高値切り下げの確認
短期・売買ポイントによる天底反発狙い

fractal.png

1分足をメインでスキャするなら
長期に1時間足、中期に15分足くらいで。

長期は
トレンド継続中かな?
レジサポ転換してないかな?

中期
安値切り上げしてきてないかな?
高値切り下げしてきてないかな?

短期
天底の起点を狙う


慣れてくれば1分足のタイミングを
待たなくてもいい指値が便利。

波紋のように広がる波に
素早く乗ること大事になってきます。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0

チャンスまでしっかり待つって・・・

待つってどこまで?
チャンスってなに?


トレンド相場だったら
押し目候補 戻り候補まで

レンジ相場だったら
レンジ上限 レンジ下限


これは少しトレードしてたら
何となくイメージできると思います。


じゃ、そのトレンド相場だとか
レンジ相場をどう定義してんの?



ってご質問をたまに頂きますので
こちらでも少しお話したいと思います。


話が複雑にならないように
単一の時間足にて
説明したいと思います。


さてトレンド相場だったら
って先ほど話しましたが


上昇なら・・・

ローソク足で言えば
安値切り上げ
高値切り上げのことだし

MACDなら
MACD線がシグナル線を
上抜けてくるだし

移動平均線なら
短期線が長期線を上抜けとか

いろいろありますよね。


どれでもいいけど
ひとつ「トレンド判断の基準」を
持っておくと便利です。(^^)

これは自分が扱う売買ポイントと
相性がよさそうなものや
分かりやすいものでいいです。

(なるべく煩雑にならないように。(^^;)


そしてレンジ相場は
上下に行ったり来たりだけど
ざっくり言えば
トレンド相場以外の状態。


上昇、下降トレンド
以外の状態


すっごくシンプルに
考えています。(^^)


逆に言うと
どういう時がトレンド相場なのかを
自分の中でカチッと煮詰めておけば
その時は押し目や戻りだけを
狙うことになるし


それ以外の相場は
レンジとして見て
上限下限からの反転
を狙えばいいって話。


いつものトレードが
「シンプル」になるように
するのがいいですよね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  • cm:  0
  • tb : 0
Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.