ブログで扱うアレンジ手法について

短期の押し目買いポイント スイングトレードで意識する節目(2)

前回は基本にして最強のラインは
レジサポ転換しているラインですよ
というお話をしました。

レジサポ転換しているラインというのは
次回も強く意識されやすい。


じゃー次も押し目になるかどうか
そういったポイントをどう見ていくのか


というのを今日はお話したいと思います。


※とらのアレンジ手法の
話ではありません。m(_ _)m


ポンド円の4時間足の
ちょうどオレンジで囲ったポイントです。
20210227rsl (2)

こういうところを短期足では
どのような動きとなっているか
を見ていきます。



下の図は15分足ですが
それまで下降トレンドとなっていたのが
オレンジ帯でサポートされて
黄色の○で下降トレンドが
一旦終了したことが伺えます。

20210227rsl (3)

これを5分足にすると…
20210227rsl (4)

更に細かい動きがありますが
各々時間軸には
その時間軸の動きがあります。

今回の例で言えば
4時間足が押し目買いポイントだから
15分足で上昇トレンドの
確認が取れれば良いんでしょ?

ってわけではなく

一度15分足の下降トレンドを崩す動きを
確認しましょう
というわけです。


もう少し抽象度を上げていうなら
長期足で期待する動きにおいて
短期足では短期足の動きがあるので
それを別に捉えることが大事です。


そしてまた
短期足でもレジサポのような
強力なサポートによって
上昇していく動きに繋がります。


ここがしっかりしてくると
短期足で下手に損切りしなくなったりと
短期足に振り回されるようなことも
減っていきます。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえにあなたのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.